不用品回収業者の選び方のポイント

不用品回収業者の選び方のポイント

不用品回収業者の中には、かなり問題のある営業をしている悪質なところもあります。

 

このような悪徳業者を利用すると、後々トラブルに巻き込まれる恐れも高まります。

 

不用品回収サービスを利用したければ、慎重に業者を見極めるといいでしょう。

 

不用品回収業者選びのポイントとして、許可をきちんと得ているかどうか確認しましょう。

 

家庭から出される粗大ごみ扱いのものや不用品を回収する・買取するなどの活動をするためには、自治体に正式な手続きをして許可を得る必要があります。

 

許可を得ている業者の場合、免許番号などがホームページに記載されているはずです。

 

ホームページの会社概要の欄に、このような不用品回収の許可を得て活動しているかどうかが記載されているはずなので、依頼する前に確認しておきましょう。

もしホームページを開設していない業者であれば、電話などで問い合わせをしましょう。

 

許可を得ている業者であれば、番号なども丁寧に教えてくれるはずです。

 

しかし一部業者の中には、教えてくれないとか答えをはぐらかすようなところもあるかもしれません。

 

そのようなところは違法業者の可能性が高いので、依頼しない方が賢明といえます。

 

不用品の回収費用は、業者によって料金設定が違ってきます。

 

中にはかなり魅力的な金額をホームページなどで表示しているところもあります。

 

しかし不用品回収業者も会社なので、利益を上げないことには続けられません。

 

料金は異なっても、ある程度の相場があります。

 

もし相場よりも異常に安い金額を提示しているところがあれば安易に依頼するのではなく、本当に信用できる業者かどうか慎重さが求められます。

 

不用品回収業者の中には、無料で引き取るといっている業者もあります。

 

このように言われると悪徳業者ではないかと心配する人もいるでしょう。

 

しかし無料で回収している業者の中には、皆さんが処分した不用品を転売するとか、物に価値がなくても分解して部品を中古品として売却する業者もあります。

 

特定の商品を無料買取しているところはそのような事情が関係しています。

 

ただし何でもかんでも無料で引き取るといっているところは、疑わしいので注意しましょう。

 

不用品回収業者の選び方のポイント関連ページ

リサイクルショップで不用品を処分する方法
もしまだ使えるものを不用品として処分したければ、リサイクルショップに売りに出してみると良いでしょう。
不用品処分における粗大ごみのルールを理解しよう
家電製品を粗大ごみとして処分する場合、上で紹介した定義を満たしていても別の方法で処分しなければならないものがありますので注意しましょう。
ネットオークションで不用品を処分する
ネットオークションを利用する場合、サービス内容についてきちんと確認しておきましょう。例えばネットオークションのサービスを利用するにあたって、入会金や年会費が必要なサイトもあります。
本の不用品処分はネット買取サービスを
本の不用品処分は、ネット買取サービスがあります。こちらを利用すれば、一切本を外に持ち出すことなく処分できるのです。
大型家具を不用品として処分する
もし大型の家具を安く処分したいと思っているのであれば、引っ越し業者に相談してみるといいでしょう。
不用品回収業者のトラブルに注意
特に高齢者や女性のような弱い人に対しては、威圧的な対応をしてくる不用品回収業者もあるようなので注意したほうがいいでしょう。
不用品を処分するのであれば回収業者を利用しよう
不用品回収業者と名のつくところに安易に依頼するのではなく、信頼できるかどうかを見極めたうえで申し込み手続きを進めていきましょう。
ベッドを不用品として処分するには?
不用品回収業者であれば、あらかじめ連絡をしておけば自宅まで不用品を引き取りに来てくれるので、利用者の負担も最小限に抑えられます。