不用品回収業者のトラブルに注意

不用品回収業者のトラブルに注意

不用品の処分をしたければ、不用品回収業者を活用すると効率的に処分できる可能性があります。

 

しかし不用品回収業者を利用した人の体験談を見てみると、トラブルになってしまったという話も聞かれます。

 

もちろん多くの不用品回収業者はまっとうなサービスを提供しています。

 

ただし一部悪質な営業をしているところもありますので注意が必要です。

 

不用品回収業との間のトラブルの中でも多いのが、料金にまつわるトラブルです。

 

不用品回収の費用は、別に決まった設定のルールはありません。

 

このためホームページなどでは業界最安値といったような一見興味をそそられるようなコピーを打ち出していますが、実際に依頼してみると高額な回収料を請求されたことがあるようです。

 

また見積もりを取ったにもかかわらず、あとでいろいろな名目で追加料金を請求されたといった話も聞かれます。

 

特に高齢者や女性のような弱い人に対しては、威圧的な対応をしてくる不用品回収業者もあるようなので注意したほうがいいでしょう。

業者選びは慎重に

不用品回収業者は通常、中古品として利用できるものはリサイクル業者に転売する、もし使えないものであればきちんとした手順で処分をする必要があります。

 

ところが使えないものを不法投棄しているケースもあります。

 

ひどくなってくると、不用品を受け取って近所ですぐに捨ててしまっている業者もあるようです。

 

また不用品回収業者の中には、不用品の回収方法を理解していないケースもあります。

 

たとえば洗濯機が動かなくなって不用品回収業者に依頼したとします。

 

洗濯機の場合、水抜きをしっかり行わないといけません。

 

この水抜きが不十分だとホースの水が運搬しているときに逆流してしまう恐れもあります。

 

家の中が水浸しになるといった事態も想定できます。

 

このような不用品回収業者の場合、保険などに加入していないので損害額は泣き寝入りといったこともあり得ます。

 

このようなトラブルが起こりえますので、どの業者に依頼するかは慎重に考えるといいでしょう。

 

不用品回収業者のトラブルに注意関連ページ

リサイクルショップで不用品を処分する方法
もしまだ使えるものを不用品として処分したければ、リサイクルショップに売りに出してみると良いでしょう。
不用品処分における粗大ごみのルールを理解しよう
家電製品を粗大ごみとして処分する場合、上で紹介した定義を満たしていても別の方法で処分しなければならないものがありますので注意しましょう。
ネットオークションで不用品を処分する
ネットオークションを利用する場合、サービス内容についてきちんと確認しておきましょう。例えばネットオークションのサービスを利用するにあたって、入会金や年会費が必要なサイトもあります。
本の不用品処分はネット買取サービスを
本の不用品処分は、ネット買取サービスがあります。こちらを利用すれば、一切本を外に持ち出すことなく処分できるのです。
大型家具を不用品として処分する
もし大型の家具を安く処分したいと思っているのであれば、引っ越し業者に相談してみるといいでしょう。
不用品を処分するのであれば回収業者を利用しよう
不用品回収業者と名のつくところに安易に依頼するのではなく、信頼できるかどうかを見極めたうえで申し込み手続きを進めていきましょう。