不用品処分における粗大ごみのルールを理解しよう

不用品処分における粗大ごみのルールを理解しよう

不用品を処分する基本的な方法として、自治体に回収してもらう方法があります。

 

最近では燃えるごみなどの一般の家庭ごみでも有料の袋に入れないといけない自治体が多くなってきています。

 

しかしもし家具や大型の家電製品を処分する場合、粗大ごみとなってお金を支払わないと回収してくれません。

 

どこからが粗大ごみになるかは、自治体によって若干異なります。

 

しかし一般的には、プラスチックや木、金属でできているもので一番長い所が30cmを超えている品目を粗大ごみとして定義している自治体が多いです。

 

タンスや机などは粗大ごみになる可能性が高いです。

 

一方家電製品でも小さめの炊飯器やドライヤーであれば粗大ごみではなく、不燃ごみとして処分できる場合が多いです。

家電リサイクル法に注意しよう

家電製品を粗大ごみとして処分する場合、上で紹介した定義を満たしていても別の方法で処分しなければならないものがありますので注意しましょう。

 

それはテレビとエアコン、冷蔵庫、洗濯機、パソコンなどです。

 

これらは家電リサイクル法に基づき処分するルールになっています。

 

こちらは家電メーカーなどが引き取る形になりますので、家電メーカーのホームページなどで処分の方法を確認しましょう。

 

またその他にも自動車やオートバイ、ピアノ、金庫、ガスボンベなどは粗大ごみの対象外になります。

 

このようなものを不用品として処分するのであれば、不用品回収業者などに依頼しましょう。ちなみに自治体などに相談すれば、どこに処分すればいいか教えてくれます。

 

粗大ごみとして処分したいけれども、できるだけコストは安くしたいと思っている人も多いでしょう。

 

その場合には、回収してもらうのではなく自分で直接持っていくと安くなります。

 

自治体によっては、粗大ごみそのものの費用を免除される場合もあるほどです。

 

まずインターネットなどでもっていく日を予約します。

 

そして自治体で粗大ごみを受け付けているセンターがありますので、こちらに持ち込みましょう。

 

不用品処分における粗大ごみのルールを理解しよう関連ページ

リサイクルショップで不用品を処分する方法
もしまだ使えるものを不用品として処分したければ、リサイクルショップに売りに出してみると良いでしょう。
ネットオークションで不用品を処分する
ネットオークションを利用する場合、サービス内容についてきちんと確認しておきましょう。例えばネットオークションのサービスを利用するにあたって、入会金や年会費が必要なサイトもあります。
本の不用品処分はネット買取サービスを
本の不用品処分は、ネット買取サービスがあります。こちらを利用すれば、一切本を外に持ち出すことなく処分できるのです。
大型家具を不用品として処分する
もし大型の家具を安く処分したいと思っているのであれば、引っ越し業者に相談してみるといいでしょう。
不用品回収業者のトラブルに注意
特に高齢者や女性のような弱い人に対しては、威圧的な対応をしてくる不用品回収業者もあるようなので注意したほうがいいでしょう。
不用品を処分するのであれば回収業者を利用しよう
不用品回収業者と名のつくところに安易に依頼するのではなく、信頼できるかどうかを見極めたうえで申し込み手続きを進めていきましょう。