ベッドを不用品として処分するには?

ベッドを不用品として処分するには?

ベッドはある程度の期間使い続けているとどんどん劣化してしまいます。

 

ベッドの寿命についてはどのような種類を使っているのか、利用者の体形なども関係してきますが、早ければ5年・持ったとしても10年くらいが限界といわれています。

 

ベッドに体を乗せた時にぎしぎしと軋みが生じる、寝心地が少し前と比較して悪くなったというのであれば、そろそろベッドが寿命になりつつあると思って、買い替えや処分を検討する必要があります。

 

ベッドの処分方法ですが、粗大ごみとして処理する方法が一般的です。

 

ただし粗大ごみとして処分する場合、自治体によってはゴミ捨て場が決まっていて、そこまで運搬しないといけないというケースもあるでしょう。

 

ベッドのような大型の家具になると、持っていくのが大変です。

 

車などにも入れて運搬できないケースもあるでしょう。

 

そこで活用してほしいのが不用品回収業者です。

マットレスは売却しづらい

不用品回収業者であれば、あらかじめ連絡をしておけば自宅まで不用品を引き取りに来てくれるので、利用者の負担も最小限に抑えられます。

 

リサイクルショップで買取依頼する方法を考える人もいるでしょう。

 

しかしもしリサイクルショップでベッドの買取依頼をしても、あまり高値はつかないと思ったほうがいいでしょう。

 

場合によっては、買取そのものを断られる可能性もあります。

 

マットレスなどは既に使った人がいると、なかなか買い取ってもらえない傾向があります。

 

粗大ごみとして処分するのであれば、ベッドを分解して部品ごとに処分すればいいのではないかと思う人もいるでしょう。

 

マットレスだけであれば、燃えるごみとして処分することも可能かもしれません。

 

しかし素人が無理にベッドの分解や解体をするとなると、時間がかかります。

 

またスプリングのような金属製の部品もありますので、不用意に分解しようとするとケガしてしまう恐れもあります。

 

やはりベッドを不用品として処分するのであれば、専門業者の力を借りたほうが無難といえます。

 

ベッドを不用品として処分するには?関連ページ

リサイクルショップで不用品を処分する方法
もしまだ使えるものを不用品として処分したければ、リサイクルショップに売りに出してみると良いでしょう。
不用品処分における粗大ごみのルールを理解しよう
家電製品を粗大ごみとして処分する場合、上で紹介した定義を満たしていても別の方法で処分しなければならないものがありますので注意しましょう。
ネットオークションで不用品を処分する
ネットオークションを利用する場合、サービス内容についてきちんと確認しておきましょう。例えばネットオークションのサービスを利用するにあたって、入会金や年会費が必要なサイトもあります。
本の不用品処分はネット買取サービスを
本の不用品処分は、ネット買取サービスがあります。こちらを利用すれば、一切本を外に持ち出すことなく処分できるのです。
大型家具を不用品として処分する
もし大型の家具を安く処分したいと思っているのであれば、引っ越し業者に相談してみるといいでしょう。
不用品回収業者のトラブルに注意
特に高齢者や女性のような弱い人に対しては、威圧的な対応をしてくる不用品回収業者もあるようなので注意したほうがいいでしょう。
不用品を処分するのであれば回収業者を利用しよう
不用品回収業者と名のつくところに安易に依頼するのではなく、信頼できるかどうかを見極めたうえで申し込み手続きを進めていきましょう。
不用品回収業者の選び方のポイント
ホームページの会社概要の欄に、このような不用品回収の許可を得て活動しているかどうかが記載されているはずなので、依頼する前に確認しておきましょう。