パソコン廃棄とデータの引越し

パソコン廃棄とデータの引越し

現在使っているパソコンを廃棄して新しいパソコンを購入したい、でも今使っているパソコンには写真や音楽のデータ、仕事で使っているファイルや顧客情報が残っているので処分できないと思っている人はいませんか?

 

その場合、パソコンを破棄する前にデータの引越しをしておけば、新しいパソコンでも自分が使いたいと思っているデータを活用できます。

 

無料のWindows転送ツールを利用する

データの引越しをする方法としては、ウィンドウズの場合Windows転送ツールとパソコン引越しソフトを使う2種類の方法があります。

 

Windows転送ツールとは、現在使用中のパソコンから新しいパソコンにデータを移行できるプログラムです。

 

データだけでなく、前のパソコンで使っていた設定を新しいパソコンに引き継ぐことも可能です。

 

初期設定をする時間を省けるため、利便性は非常に高いです。

 

しかもWindows転送ツールは無料で利用できます。

 

やり方は、Microsoftのホームページに書かれています。

 

バックアップした Windows XP のデータを Windows 7 に復元する: Microsoft Windows

 

簡単に言うと新旧のパソコンを同じネットワークにつなぎます。

 

もしくはUSBメモリを使ってデータをやり取りする方法があります。

パソコン引越しソフトを利用する

Windows転送ツール以外の方法として、パソコン引越しソフトを使用する方法があります。

 

パソコン引越しソフトですが、近所の家電量販店で販売されているはずです。

 

家電量販店にない、近くにそもそも家電量販店がない場合には通販サイトから購入することができます。

 

パソコン引越しソフトの基本的なシステムも、Windows転送ツールとほとんど一緒です。

まずどうしても失いたくないデータから引っ越しさせるのが確実

Windows転送ツールでもパソコン引越しソフトでも、自分で行うことは理論上可能です。

 

ただしパソコンに関して全くの素人であれば、使いこなすのは少し難しいかもしれません。

 

またすべてのデータを引越しできる保証もありません。

 

そこでまずどうしても失いたくないデータから引っ越しさせるのが確実なやり方といえます。

 

本当に新しいパソコンにデータが移行できているかどうか、確認しながら作業を進めましょう。

このページの先頭へ戻る