パソコン廃棄時に初期化、これで大丈夫?

パソコン廃棄時に初期化、これで大丈夫?

パソコンには皆さんや知り合いの大事なデータの入っていることに留意する必要があります。

 

もしこの点を忘れてそのままの状態でパソコンを廃棄してしまうと、いろいろなトラブルが起きます。

 

たとえば、SNSをやっている人は多いでしょう。

 

パソコンを使ってSNSをしていた場合、皆さんのアカウントが乗っ取られる事態も十分想定できます。

 

通販やネットバンキングなどでクレジットカード情報を入れていると、このカード情報を悪用される可能性もあります。

 

クレジットカードの請求書をある日見てみると、身に覚えのない内容がたくさん書かれていたというケースも実際にあります。

 

早期に発見してカード会社に申請すれば支払いは免れますが、自分の情報が出回っていると考えると気持ち悪いでしょう。

 

ですからパソコン廃棄する場合には、パソコンのデータ対策をする必要があります。

初期化だけでは不十分

データ対策として、「初期化をしたから大丈夫」と思っている人はいませんか?

 

初期化とは、パソコンが出荷される前の状態にすることです。

 

つまり購入後に書かれたデータはすべて消えているから、個人情報も取り出せないと思っている人もいるでしょう。

 

実際自分でやっても、パソコンの中に入っていたデータは取り出せないはずです。

 

しかし初期化をしただけでは、まだ不十分です。

 

データは見られなくなっているだけで、完全になくなっていないからです。

 

初期化されたデータでも、実際にハードディスクの中に入っているのであれば、ちょっとした工夫で取り出しはできます。

 

専用の復元ソフトがあります。

 

この復元ソフトを使えば、見られなくなっていたデータを復活させることができるのです。

 

初期化をすれば大丈夫と思っている人は、その認識を改めましょう。

 

やはりデータを消去して、他の誰かに取り出されないようにするためには専門家に回収を依頼するのが安心です。

 

パソコン専門の回収業者がありますから、こちらで自分のパソコンの処分をお願いするように心がけましょう。