パソコン廃棄と物理破壊

パソコン廃棄と物理破壊

パソコンを廃棄するときに大事なのは、パソコンで保存している情報を消去することです。

 

中には重要な情報の含まれている可能性も高く、そのまま廃棄すると悪用される可能性も十分あります。

 

パソコンのデータはハードディスクの中に保管されている

パソコンのデータですが、ハードディスクの中で保管されています。

 

ハードディスクは見た目的には、レコードプレイヤーに近いと思ってください。

 

ディスクとヘッドを使って記録や読み取りを実施します。

 

ディスクはガラスやアルミを使用するのが一般的で、そこに磁性体を塗布してデータの管理をしています。

 

この部分を破壊すれば、データを読み取ることはできなくなります。

 

パソコン回収業者の中には、このディスクの物理的破壊を実施しているところも多いです。

ディスクの物理的破壊

その方法ですが、まず回収したパソコンからハードディスクを取り出します。

 

ハードディスクの位置は、機種によってさまざまで、素人には簡単には取り出せないような構造になっているものも見られます。

 

取り出したハードディスクは、クラッシュする専用の機器がありますのでその中に入れます。

 

そして先ほど紹介したデータを記録している部分にピンポイントで圧力をかけて変形させます。

 

穿孔するところまで徹底している業者もあるようです。

 

ここまでディスクを破壊してしまうと、いかにデータの復旧技術が年々進化しているとはいえ、取り出すことは不可能です。

 

クラッシュ機器に挿入して破壊されるまでに、数秒くらいしかかかりません。

けがの恐れもあるので専門業者に任せよう

ディスクを破壊するくらいなら、自分でもできると思っている人もいるかもしれません。

 

しかしディスクの中でもどこが記録する箇所なのか、専門的な知識がないとなかなか区別できません。

 

また先ほども紹介したようにディスクの中には、ガラスも使われています。

 

このため人の手で破壊するとガラスの破片で手などにけがをする恐れもあります。

 

専門の回収業者であれば、ピンポイントでしっかり破壊してくれるので完璧なデータ消去が行えます。

 

個人情報流出の対策を完ぺきに行いたいのであれば、専門業者にお願いすべきです。

このページの先頭へ戻る