物理破壊をしてからパソコン廃棄

物理破壊をしてからパソコン廃棄

パソコンの中に入っている情報が気になって、壊れたパソコンをなかなか廃棄できない人はいませんか?

 

パソコンのデータが盗まれるのは、ハードディスクからです。

 

言い換えると、ハードディスクが完全に破壊されていれば、パソコン廃棄してもデータを抜き出される心配はなくなります。

 

物理破壊は最も確実なデータ消去法

そこでデータ消去の方法としてある意味原始的ですが、ディスクそのものを壊す対処法もあります。

 

パソコンが全く起動しなくてデータ消去ソフトが使えない時などに行われます。

 

単純なやり方ですが、パソコン回収業者の中には最も確実な消去法として引き取ったパソコンのディスクを壊す方法を採用している所も多いです。

 

ちなみにこのようにディスクそのものを壊すやり方を、物理破壊といいます。

 

物理破壊は業者に頼む方法もありますが、自分で行うことも可能かもしれません。

 

その場合、パソコン廃棄の費用が掛からなくなります。

物理破壊の方法

物理破壊をする場合には、プラスドライバーとマイナスドライバーが必要です。

 

ハードディスクをパソコンから取り出すのですが、作業するときには、電源とバッテリーは抜いておいた方が安全です。

 

物理破壊ですが、理論上は自分で行えます。

 

ただし機種によっては、ハードディスクそのものを取り出すのが難しい場合もあります。

 

ほとんどのパソコンメーカーでは、ハードディスクの取り外し方法を一般には公開していません。

 

中には複雑な構造をしている機種もあって、自力では抜き出すのが難しいようなケースもあります。

確実にデータ消去したいなら専門業者へ

またハードディスクをたたくなどの物理破壊を試みた人もいます。

 

しかしデータを消去するために本当に破壊すべき部分ではないところをやっているケースも多くみられます。

 

これではデータは完ぺきに消し去れていません。

 

このように物理破壊は、素人が完璧に行うのは困難が伴うことも十分考えられます。

 

そこで確実にデータ消去したうえでパソコン廃棄したいのであれば、専門業者に依頼した方が無難です。

このページの先頭へ戻る