廃棄時の状況別・パソコンデータの消去方法

廃棄時の状況別・パソコンデータの消去方法

パソコンを廃棄する前には、データ消去することが大事です。

 

パソコンには皆さんが思っている以上に大事な個人情報がいろいろと含まれています。

 

ただしパソコンのデータを消去する方法は、パソコンの状態によって変わります。

 

まずパソコンが故障していない、ウィンドウズが起動可能であればデータ消去ソフトが電気量販店やパソコンショップで販売されています。

 

このデータ消去ソフトを使って個人情報を消しておきましょう。

 

パソコンの電源が入っても、ウィンドウズが開かないというケースもあるでしょう。

 

そのほかには電源がついても、カラカラとかカチカチといった異音がするケースもあるでしょう。

起動しないパソコンのデータ消去方法

このような状態にあるパソコンであれば、データ消去ソフトを使うことはできません。

 

この場合にはハードディスクを取り出しておけば、パソコンの中に入っている個人情報が知らない第三者の手に渡る心配もありません。

 

パソコンの電源が入らない、完全に故障しているのであれば、ハードディスクを取り除きましょう。

 

そして物理的な力、つまりハードディスクそのものを壊してしまうことでデータ消去できます。

 

そのほかには特殊な装置を使って、強い磁気をかけることでデータを消すという方法もあります。

 

よく「削除する」を選択しているから、パソコンの中にはデータはないと思っている人も多いです。

 

確かに削除処理をすれば、パソコン画面でそのデータを見ることはできなくなりますから、実際にデータもなくなっているような感じがします。

 

しかし実際のところ、あくまでもそのデータに「削除になっていますよ」という信号がかけられているだけで、データ自体がパソコンから消されているわけではありません。

 

この信号を取り除く方法もあって、その処理をすれば、消したと思った情報を簡単に復活させることは可能です。

 

以上の方法でデータ消去してから、パソコン廃棄をしましょう。

 

もし自分でやるのに不安があれば、パソコン廃棄を専門的に実施している業者があります。

 

こちらに処分の依頼をすることです。

 

廃棄時の状況別・パソコンデータの消去方法関連ページ

パソコン廃棄時にはDESTROYを使ってデータ消去
パソコンリサイクル会社がオススメしているフリーソフトに、DESTROYがあります。DESTROYはデータ消去する方法として、数種類のバリエーションが準備されています。
分かりやすい完全ハードディスク抹消でパソコン廃棄
完全ハードディスク抹消の操作手順は、たったの3ステップです。ハードディスクを選択して、抹消グレードを選択します。するとその選択した抹消モードで、データ消去が自動的に始まります。
パソコン廃棄前にこのフリーソフトを使うべし
自分でパソコン廃棄前にデータ消去するのであれば、データ消去ソフトを活用しましょう。データ消去ソフトの中にはフリーソフトもあって、業界でもおすすめのソフトがいくつかあります。
パソコン廃棄前にターミネータ10plus データ完全抹消を活用
ターミネータ10plus データ完全抹消は、パソコンだけでなく、外付けハードディスクやメモリなどのデータもしっかりとデータ消去してくれます。