オンサイト・オフサイトでパソコン廃棄

オンサイト・オフサイトでパソコン廃棄

パソコン回収業者の中には、オンサイトで廃棄手続きを行ってくれる業者があります。

 

まず皆さんの自宅などに出向き、パソコンを引き取ります。

 

パソコンの回収をするに当たって、パソコンの中に入っているデータの廃棄が求められます。

 

出張の場合、優良業者になると目の前でデータの破壊をしてくれます。

 

このため、確実にデータの破壊されたことを自分自身の目で確認できます。

 

しかも業者の中には、証明用の写真までとってくれるような業者もあります。

 

そして破壊されたハードディスクをはじめとして各種パソコン廃棄物をトラックに乗せて、そのまま処分場に持ち込んで廃棄手続きを進めます。

 

中には自社で処分場を持っている業者もあります。

 

この場合、中間業者が一切入ってきませんから、余計な中間マージンが発生しません。

 

しかもいろいろな人が入るともし何かあった時に、責任の所在が分からなくなるケースも考えられます。

 

しかし中間業者が介在しないようであれば、責任の所在もはっきりして安心です。

オフサイトによるパソコン廃棄手続き

オフサイトによるパソコン廃棄手続きを実施している業者もあります。

 

これはまず処分したいパソコンを業者が受け取りに来ます。

 

そしてそのまま処分場に直行します。

 

処分場でデータ消去の手続きを実施します。

 

オンサイトと比較すると、データ消去するにあたっての人員と時間を両方削減が可能です。

 

このため、パソコン回収費用をかなり節約できるメリットがあります。

 

オフサイトの場合、目の前でデータ消去が実施されませんから本当に大事な個人情報などが消されているかどうか不安という人もいるでしょう。

 

きちんとした業者であれば、ハードディスクの破壊後、写真撮影します。

 

そして確かにデータの破壊されていることを証明してくれます。

 

業者によっては、データ破壊の証明書を発行してくれる所もあるほどです。

 

このようにいくつかの流れでパソコン廃棄の手続きは進められます。

 

業者に依頼する場合には、どのような手順で廃棄を行うのか確認しておきましょう。

 

オンサイト・オフサイトでパソコン廃棄関連ページ

廃棄する際のパソコンの回収業者の選び方
パソコン専門の不用品回収業者といってもピンキリな所もあるので、業者選びをする時には、細心の注意を払うことが求められています。
パソコン廃棄と証明書
パソコンの回収業者の中には、「このパソコンのデータは確かに破壊しましたよ」という証明書を発行するところもあります。
パソコン廃棄時に初期化、これで大丈夫?
初期化されたデータでも、実際にハードディスクの中に入っているのであれば、ちょっとした工夫で取り出しはできます。
パソコン廃棄時の悪徳業者の対処法
不法投棄などのトラブルに巻き込まれないようにするためには、パソコンの廃棄を専門的に請け負っている業者に依頼することが大事です。
パソコン廃棄とデータの引越し
パソコンを破棄する前にデータの引越しをしておけば、新しいパソコンでも自分が使いたいと思っているデータを活用できます。