パソコンの外付けHDDを廃棄する

パソコンの外付けHDDを廃棄する

パソコンを使っている人の中には、外付けHDDを利用している人もいるでしょう。

 

テレビ番組や動画、音楽のような大容量データをたくさん保存するとなるとパソコンのハードディスクだけでは容量が足りなくなる人もいるはずです。

 

パソコン同様、外付けHDDがいらなくなって廃棄する場合にも細心の注意が必要です。

 

ちなみに外付けHDDを持っている人のために、一般的に外付けHDDの寿命は5年から10年と言われています。

 

ホコリがたまっている所など、環境に問題のある所だとさらに寿命が短くなる可能性があります。

 

外付けHDDもパソコン同様、皆さんの使用の痕跡であるデータが残されています。

 

このままの状態で廃棄すると、誰かが皆さんの情報を不正に抜き出して悪用する可能性もあります。

 

実際外付けHDDのデータ消去を行っていなかったために情報を取り出され、被害を受けている人もいます。

増加しているHDDにまつわるトラブル

年々外付けHDDにまつわるトラブルは増えてきているとも言われています。

 

外付けHDDを廃棄する場合には、データを消しておくことです。

 

そのためには2通りの方法があります。

 

1つ目の方法は理論的破壊と言って、専用ソフトを使う方法です。

 

皆さんもご存知のように、データを上書きすると書き直す前のデータが見られなくなります。

 

データ消去ソフトは、皆さんのデータの上から意味のない情報をどんどん上書きします。

 

そうして、もともとあったデータがわからないようにしてしまいます。

 

2つ目の方法はもっと確実な方法で、物理的破壊です。

 

文字通り外付けHDDを壊してしまいます。

 

いくら技術が進歩しても、壊れた外付けHDDからは情報は取り出せません。

 

物理的破壊は自分でもできるような気がするかもしれません。

 

しかし破壊する時にはガラスなどが飛び散り思わぬケガをする可能性もありますので、パソコン回収の専門業者があります。

 

この業者を使って、データの消去をしたうえでパソコンの廃棄をするのが最も安全です。

 

パソコンの外付けHDDを廃棄する関連ページ

パソコンメーカーでPCを購入するメリット
初めてパソコンを購入するというのであれば、パソコンメーカーに全て任せてしまうのが楽かもしれません。