パソコンを廃棄処分する前に知っておきたいポイント

パソコンの廃棄をするには

パソコン廃棄

 

パソコン廃棄の方法で悩んでいませんか?

 

インターネットが普及したことで、一般家庭にもパソコンは普及しています。

 

一方でパソコンは精密機械のため、ある日突然不具合を起こして使えなくなることがあります。

 

パソコンを買い替えた経験のある方も多いでしょうが、使わなくなったパソコンの処分の仕方がわからず、自宅にそのまま放置している人はいませんか?

パソコンを廃棄する際には、通常のゴミ捨てとはまったく異なるので注意しましょう。

 

パソコンを廃棄する際には、資源有効利用促進法と呼ばれる法律に則って処分しないといけません。

 

3R政策(METI/経済産業省)

 

パソコン並びにディスプレイモニターに関しては、メーカーによる自主回収やリサイクルが義務付けとなっています。

 

家庭用パソコンは、平成15年10月からこのルールに則り廃棄しないといけません。

 

具体的に対象となるのはデスクトップのパソコンやノートパソコンや液晶ディスプレイ、また一体型パソコンなどが該当します。

自治体ではパソコン収集をしていない

自治体では基本的に処分や回収を行っていません。

 

つまり燃えないゴミとか粗大ごみなどで処分はできないので注意しましょう。

 

ただしパソコンの周辺機器に関しては、通常のごみと同様で処分することが可能です。

 

プリンタやキーボード、マウスといったものが該当します。

 

ただしこれらの処分が具体的にどうかは、自治体によって多少対応が異なります。

 

自分の住んでいる自治体のホームページなどで処分方法が紹介されているはずですから、事前に確認しておくのが無難です。

 

パソコンリサイクル

 

平成15年10月以降に発売されたパソコンに関しては、PCリサイクルと呼ばれるマークがついているはずです。

 

このマークのついている機種を処分するのであれば、無料で廃棄手続きを進められます。

 

しかし昔に使ったパソコンを処分することができずに、ずっと自宅に保管している人もいるでしょう。

 

この場合、PCリサイクルマークのついていない機種を使っている可能性もあります。

 

この時には、パソコンのリサイクル料金を負担しないといけません。

 

自分のパソコンにマークがついているかどうか確認しておきましょう。

パソコン廃棄とデータ消去の重要性

パソコンが故障してしまった、不具合が発生したという人の中にはパソコンを廃棄処分したいと思っている人も多いでしょう。

 

パソコン廃棄をする時に心がけておきたいこととして、データの消去があります。

 

しかし中には「別に大事な情報を入れているわけでもないし」とか「消去作業するのが面倒そう」と思っている人もいるでしょう。

 

それでもパソコンのデータ消去は廃棄するときに必ず実施することです。

 

皆さんが思っている以上に、パソコンの中には大事なデータが入っています。

 

例えば年賀状を作成するときに、パソコンソフトを使っている人も多いでしょう。

 

この場合、年賀状を送付する知人・友人の個人情報が住所録に入っているでしょう。

 

またネットバンクや通販サイトなどに会員登録をしている場合、会員情報がいろいろとパソコンの中に入っているはずです。

データをパソコンから抜き出すのは簡単

データ消去の重要性

 

通販サイトであれば、クレジットカードの情報が書かれているはずです。

 

またデジカメで撮影した写真や動画を入れていれば、そのデータもあります。

 

もし仕事用でパソコンを使用していれば、会社に関する様々な情報が登録されている可能性があります。

 

これを特別データ消去もせずに廃棄に出すと、データを抜き取られる可能性があります。

 

データをパソコンから抜き出すのは、多少専門的な知識を持っていれば簡単にできることです。

 

例えばクレジットカード情報が分かれば、商品を本人になりすまして購入することも可能です。

 

その他にもネットバンキングのパスワードを抜き取ることができれば、なりすましで皆さんの口座からお金を取り出すことも可能です。

 

さらにはフェイスブックやツイッターのID情報が分かれば、皆さんのアカウントを乗っ取られる恐れもあります。

 

このようにパソコンの中に入っている個人情報を抜き取られると、いろいろな実害が生じます。

 

しかも年賀状ソフトの住所録情報をそのままにしていると、相手に迷惑のかかる恐れがあります。

 

ですからパソコン廃棄する際に、データ消去は必ず行いましょう。

 

更新履歴